So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『トイレのピエタ』を観ませんか。 [映画]

今朝ムービックス倉敷で『トイレのピエタ』観てきました

メンズデイ、朝9時15分から上映でお客さんは4名でしたが、

高校生のみなさんぜひ映画館で観てみてください。すごくいいですよ[exclamation×2]

ひとりでもいいし。カップルにもお薦め

IMG_3617.JPG

パンフの表紙です。

美しい映画らしいピュアな映画でした。

なぜ『トイレの』かは映画で観てください。

映画で使われているRADWIMPS「ピクニック」という曲もすごくよかったです。

IMG_3618.JPG

今日が発売日だったので『ピクニック』の限定版を買って、さっそく車の中で聞きながら帰りました。

------------------------

ピクニック』

。.......

銀色のプールに 青い孤独がふたつ

重ねた唇の 終わり方も知らず

僕らは奇跡にも 及ばない光

それでもいいと今夜は 君を眺め想う

人生初心者 丸出しの 小さな戦士

舞い上がるスカートを翼にかえて 生きる今日も

たまに上手に生きられた日には 隠れて笑ってみた

星を見上げて笑うことも ありがとう、ごめんねを使うことも

一度としてないままに僕ら 月にも内緒で世界を抜け駆けた

(ピクニックの歌詞一部より引用)

------------------------

主役の野田洋次郎さんの作詞作曲。
野田さんいいんです。

『いいんですか?』   RADWIMPS

野田さん,こんな曲もつくれるところがいいんです


『おしゃかしゃま』 RADWIMPS

映画の中の野田さんのダンス、めちゃめちゃかっこいいんです[揺れるハート]


シネマな5月 [映画]

5月GW明けからシネマな日々を送りました。[映画]
午前中、自由な時間の持てる塾長の特権です[プレゼント]

映画はMOVIX倉敷で見ることが多いのですが、通常は大人1800円が、朝一番の映画は1200円、
木曜日のメンズデイは1000円でお得です[手(チョキ)][グッド(上向き矢印)]
ですから映画に行くのは、だいたい生徒の皆さんが学校で一生懸命勉強してる午前です。
(ゴメンネ[わーい(嬉しい顔)]アハッ)

映画はひとりで観るか、子供たちのお供が多いのですが、
今回は珍しく奥先生と3回連続ご一緒[るんるん]

奥先生とは昨年1月3日に『THIS IS IT』
(その昔、学生時代マイケルジャクソンのコンサートに一緒にいったので懐かしく[るんるん]

今年になってからは『バーレスク』を観ました[映画]
(ラストのダンスと歌だけで観る価値ありますよ[手(チョキ)][グッド(上向き矢印)]TSUTAYAで好評?レンタル中。
この映画が気に入った人は『NINE』もどうぞ[ひらめき]

奥先生と一緒に観に行くのは、いつもなら年に1,2回のペースです。




☆シネマな5月第1弾は『ブラックスワン』

9f905da6.jpg

ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲得した話題の映画[映画]

リック・ベッソン監督の『レオン』で、観葉植物だけが友達のイタリア系移民の殺し屋レオンと心をかよわせる少女マチルダで映画デビューしたナタリー・ポートマン。

ビデオまで買って何度も観ました。

その後は『スターウォーズ』でお姫様をやってたことくらいしか記憶にありませんが、
この映画のナタリー・ポートマンすごぉ~くいいです。

バレエも素敵です[揺れるハート]

これから観られる人も多いとおもいますので、ストーリーにコメントしませんが、
ナタリー・ポートマンが「ハーバード大学で心理学を専攻してたことは、役作りにプラスになった」と言ってたのはうなずけます。

映画に行くのは、体調と精神状態がいい時をおすすめします。
私もひとりでもう一度観てみたいです。




☆シネマな5月第2弾は『阪急電車』



宝塚から西宮北口を片道15分で走るえんじ色の電車、阪急電車[バス]
このローカル線に偶然乗り合わせた乗客たちの小さなあたたかい物語。

昔、この電車に乗ってよく奥先生と宝塚歌劇観に行ったり、
お酒飲みに行ったりしていた懐かしい電車。

私がひとり観に行ってよかったので、奥先生ともう1度。




☆シネマな5月第3弾は『SOMEWHERE』



ソフィア・コッポラの監督作品。

ソフィアは日本でファッション雑誌の写真を撮っていたころから大好き[揺れるハート]
舞台演出家蜷川幸夫(『王女メディア』、『近松心中物語』等などよく観てました。)の娘で
写真家の蜷川実花とかぶりますよね。
(蜷川実花の映画『さくらん』も好きです。椎名林檎が曲書いています。)

『ヴァージン・スーサイズ』   
デヴィット・ハミルトンを彷彿させるようなメランコリックな映像どセンスのいい音楽[るんるん]
ソフィア初監督作品。サントラまで買いました。

『ロスト・イン・トランスレーション』   
東京を舞台にした詩的でやさしさに包まれたせつないラブストーリー

『マリー・アントワネット』
いかにもソフィアの撮った映像・色彩の映画、見る映画かな?

そして『SOMEWHERE』とソフィア・コッポラ監督の全4作品すべて観ました。
『SOMEWHERE』は『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』いいところを
掛け合わせたような雰囲気の、父と娘のなにげない日常のストーリー。

エル・ファニングの[ぴかぴか(新しい)]アイススケートのシーン、[ぴかぴか(新しい)]父娘の水中シーン[ぴかぴか(新しい)]がいい。
詩的で美しい映像と音楽が最高[exclamation]
ナタリー・ポートマンが『レオン』に出演した年齢と同じ12歳。

オープニングと途中、そしてラストで印象的に出てくる黒いフェラーリ「モデナ360」、
車好きのお父さんには8気筒のエグゾーストノートがたっぷり味わえますよ。




☆シネマな5月第4弾は、5月31日ひとりで『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』

61puKOkbSbL__SS500_.jpg

シネマな5月のラストはコレしかないですよね。

何も考えず、素直に楽しめます。
この映画のベネロペ・クルス可愛いですよ。

エンディングロールの途中で席をたたないでくださいね。


次回の映画は7月、子どもたちのお供で『ハリー・ポッター』かな?